ノミ・マダニの予防について

ノミの予防


ノミは動きが素早いためなかなかその姿を見かけることがありませんが、皮膚に黒いフケのようなものがポツポツと見られる場合はノミの糞かもしれません。

ノミの糞があればノミが寄生している証拠でもあります。ノミの糞の成分はほとんどが吸った血液であるため、水をたらすと赤くにじんだようになります。

ノミに感染するとアレルギー性の皮膚炎を起こしたり、条虫を媒介して感染させたり、飼い主にもかゆみなどの被害をもたらします。

 

 

マダニの予防


マダニは草むらなどに潜み、動物の振動や体温などを感じて接近した動物にくっつくと言われています。その後しっかりと口を皮膚に差しこみ、時間をかけて吸血します。たくさん吸血したダニはかなり大きくなるのでよくダニだと思わずにできものができたと勘違いされることもあります。

 

当院のある今治市ではマダニの被害が多く発生します。毎年冬の間もマダニの被害で病院に来られるわんちゃんがいます。普段家の中で飼われている小型犬で散歩で外に出るだけの子でもマダニがくっついていることがありますので、お散歩などの後は体をチェックしてダニがいないか確認してあげましょう。

 

マダニに感染すると大量に吸血された場合は貧血を起こすことがあったり、バベシア病などの危険な病気を媒介して感染させてしまうことがあります。

 

またわんちゃんに感染したマダニを介して人にうつってしまう病気もいくつかあります。最近はSFTS(重症熱性血小板減少症候群)という比較的新しい病気も感染者が増加しています。つい最近ではわんちゃんがSFTSに感染して、その介護をしていた人がSFTSに感染したという事例が発見され、世界初として注目されました。このような人への感染を防ぐ意味でも季節に関わらず、散歩に出るわんちゃんはマダニ予防を徹底しましょう。

 

 

ノミ・マダニの駆除方法


ノミ・マダニの駆除としてはわんちゃん、ねこちゃん共に背中にたらして使用するスポットタイプが一般的です。


わんちゃんではよくシャンプーしたり、水遊びをする子のために飲み薬タイプも出ています。このような駆除薬を1ヶ月に1回使用することでノミやマダニからわんちゃんを守ることができます。

また、新しいお薬では1回飲むと3ヶ月効果が持続するお薬も出ています。


ねこちゃんの場合も最近はフィラリア予防の意識が高まっており、特に夏場はフィラリアとノミ予防を同時に行なう製剤でわんちゃんと同じように1ヶ月に1回塗布することをお勧めしています。

▲このページのトップに戻る