フィラリア症

フィラリア症とは?


フィラリア症はに刺されることによって感染し、犬の心臓に虫が寄生する病気です。

罹患すると心臓や肝臓、腎臓など多くの臓器の障害を起こします。

重度になると腹水がたまってお腹が膨らんできたり、咳がひどくなって食欲や元気がなくなり、重症化すると亡くなってしまう場合もあります。


また、最近ではでも10頭に1頭の割合での感染も確認されています。

猫の場合は犬よりも成虫に成長する可能性は低いですが、感染すると咳、嘔吐、突然死などの症状が出る場合があります。



フィラリア症の重症度分類

クラス 症状
軽度 無症状か軽い咳
中等度 咳、疲れやすく運動を嫌がる(運動不耐)
重度 呼吸困難、肝臓腫大、腹水貯留、失神(倒れる)
大静脈症候群 虚脱、血色素尿(赤茶色)、血色素血症(溶血)




 

フィラリアの予防 

  

 line3.gif予防期間 line3.gif


蚊によって媒介されるため、予防期間は地域の蚊の発生時期により変わってきます。フィラリアのお薬は、虫の感染自体を予防するのではなく、体内にいる幼虫を心臓に移動する前に駆除するお薬です。そのため蚊がいなくなってからさらに1ヶ月後まで予防することにより完全な予防となります当院では5月から12までの予防をおすすめしています。


  また家の中中心で生活している場合でも、家の中で蚊を見かける場合は感染する恐れがありますので予防をおすすめします。実際に投薬前に検査をすると感染が見つかる場合があります。

 


 

line3.gif予防方法 line3.gif

 

月に1の投薬が一般的です。

投薬方法には飲み薬が一般的ですが、皮膚に滴下するだけのスポット剤も使用できます。

飲み薬の中にも錠剤チュアブル(お肉タイプ)等がありますのでスポット剤と合わせてお選びいただけます。



フィラリア注射

当院ではフィラリア注射も行なっております。

「薬をなかなか飲んでくれない」「薬を飲ませ忘れてしまう」という方には特におすすめです。

今年は4月、5月、6月に接種しておりますので、ご希望の方はこの期間中にご来院ください。

予約は必要ありませんので、受付にお申し付けください。





line3.gifフィラリア検査 line3.gif


 本来、フィラリアのお薬は毎年投薬を始める前に去年のフィラリア予防が確実にできたかどうかのチェックが必要です。(説明書に記載があります)


去年はちゃんと飲ませたつもりでも、検査を行なってみるとフィラリアにかかっていたという例も実際にありました。フィラリアに感染していることを知らずに予防薬を投薬すると、ショックに陥る可能性もあります。


当院では去年投薬忘れがない場合、最低でも2、3年に1回はフィラリア検査をおすすめしています。

▲このページのトップに戻る